学会発表 診療部-2018年

発表形式 演題名 発表者名 共同発表者名 学会名 開催年 開催月 開催地
講演 シンポジウム:乳房MRIサーベイランスについて 戸﨑光宏 第6回日本HBOCコンソーシアム学術総会 2018 1 東京
ポスターセッション Basal Marker Expression Preedicts a Lower Pathological Complete Response Rate and Worse Prognosis in ERNegative/HER2-Positive Breast Cancer Patients with Neoadjuvant Chemotherapy 大井恭代 United States and Canadian Academy of Pathology 2018 Annual Meeting 2018 3 Canada

学会発表 診療部-2017年

発表形式 演題名 発表者名 共同発表者名 学会名 開催年 開催月 開催地
Oral session Trends in Adjuvant Radiation and Endocrine Therapies After Breast-Conserving Surgery for Ductal Carcinoma In Situ: Findings from the National Cancer Data Base, 2004-2013 Sagara Yasuaki A. Nguyen, M. Golshan Society of Surgical Oncology Annual Cancer Symposium 2017 3 Seattle, WA
講演 乳腺細胞診断の実際とニーズ 大井恭代 第33回香川県臨床細胞学会・学術集会 2017 3 香川
口演 中小規模病院(80床)における貯血式自己血輸血療法体制の構築経験 金光秀一 溝口いつよ 第30回日本自己血輸血学会学術総会 2017 3 横浜
ポスター 緩和ケアを有する病院と、がん診療連携拠点病院泌尿器科の連携についての報告 松尾幹彦 糸山貴浩、斎藤裕、松田良一郎、五反田丈徳 第105回日本泌尿器科学会総会 2017 4 鹿児島
口演 OSNA法による乳癌センチネルリンパ節生検後の腋窩リンパ節再発の検討 四元大輔 大井恭代、佐藤睦、川野純子、寺岡恵、木谷哲、金光秀一、馬場信一、相良吉昭、松山義人、雷哲明、安藤充嶽、相良吉厚、相良安昭 第117回日本外科学会定期学術集会 2017 4 横浜
口演 ER陰性HER2陰性乳癌におけるEGFR発現は術前化学療法の治療抵抗性を予測する 大井恭代 佐藤睦、相良安昭、玉田修吾、飛田陽、黒住昌史、谷本昭英 第106回日本病理学会総会 2017 4 東京
口演 シンポジウム:乳癌個別化治療における細胞診断の役割 大井恭代 前田ゆかり、永尾聡子、皆倉愛美、北園暢子 第58回日本臨床細胞学会総会(春期大会) 2017 5 大阪
ポスター 緩和ケア病棟における化学療法~転帰とその意義~ 木谷哲 有島みつる、勇祐子、西里佳、新垣るみ、橋口由起子、松尾幹彦、坂本仁美、江口惠子、斎藤裕 第22回日本緩和医療学会学術大会 2017 6 横浜
ポスター 緩和ケアを有する病院と、がん診療拠点病院泌尿器科の連携について 松尾幹彦 斎藤裕 第22回日本緩和医療学会学術大会 2017 6 横浜
特別講演 臨床に役立つ乳腺細胞診の見方 大井恭代 第86回山口県臨床細胞学会学術集会・総会 2017 7 山口
ディスカッサント イブニングセミナー:Breast Cancer Board in Fukuoka 木谷哲 第25回日本乳癌学会学術総会 2017 7 福岡
口演 イブニングセミナー:医師として、患者として~Advance Care Planningに込める思い~ 相良安昭 第25回日本乳癌学会学術総会 2017 7 福岡
ポスター 乳癌診療におけるPET/MRIの使用経験 佐々木道郎 久保田一徳、戸崎光宏、黒木嘉典、相良吉昭 第25回日本乳癌学会学術総会 2017 7 福岡
口演 イブニングセミナー:実践 Advance CarePlanning -転移・再発乳がん患者のニーズに応えた薬物療法とケア- 相良安昭 第25回日本乳癌学会学術総会 2017 7 福岡
厳選ポスター 乳癌センチネルリンパ節生検におけるOSNA法での+iの臨床病理学的特徴と予後についての検討 四元大輔 大井恭代、佐藤睦、川野純子、寺岡恵、木谷哲、金光秀一、馬場信一、相良吉昭、松山義人、安藤充嶽、相良吉厚、雷哲明、相良安昭 第25回日本乳癌学会学術総会 2017 7 福岡
口演 ランチョンセミナー:転移ボリュームを考慮した適切な郭清省略の検討 四元大輔 第25回日本乳癌学会学術総会 2017 7 福岡
ポスター討議 Derriford Appearance Scale(DAS59)日本語版を用いた乳房部分切除術のQOL評価 金光秀一 松方絢美、相良安昭、佐藤睦、川野純子、寺岡恵、四元大輔、木谷哲、馬場信一、松山義人、安藤充嶽、雷哲明、相良吉昭、相良吉厚 第25回日本乳癌学会学術総会 2017 7 福岡
口演 シンポジウム:OSNA法を用いたノモグラムによる乳癌ノンセンチネルリンパ転移術中診断 萩谷朗子 島津研三、佐藤信昭、四元大輔、相良安昭、海瀬博史、石川孝、木下貴之、辻本正彦、津田均、中村清吾、秋山太、野口眞三郎 第25回日本乳癌学会学術総会 2017 7 福岡
口演 シンポジウム:ビッグデータから得られるもの日本乳癌学会QI委員会におけるNCD乳癌登録による医療の質の改善の試み 山内英子 渡邊知映、井手佳美、増岡秀次、吉田敦、佐々木政興、四元大輔、大谷彰一郎、片岡明美、隈丸拓、中村清吾 第25回日本乳癌学会学術総会 2017 7 福岡
口演 シンポジウム:Tumor infiltratinglymphocytes(TIL)の病理学的判定には、その細胞密度だけではなく分布様式も重要である 飛田陽 相良吉昭、雷哲明、相良安昭、馬場信一、金光秀一、四元大輔、川野純子、佐藤睦、木谷哲、青儀健二郎、大井恭代 第25回日本乳癌学会学術総会 2017 7 福岡
厳選口演 ホルモン受容体陽性進行乳癌患者を対象にFulvestrantをAnastrozoleと比較する無作為化第Ⅲ相試験:FALCON 増田慎三 井本滋、雷哲明、三好康雄、神垣俊二、岩瀬弘敬、徳永えり子、高橋三奈、吉田雅行、加々良尚文、John FRRobertson、Matthew JEllis、ZhiminShao、今井正彦、Lynda Grinsted、Mehdi Fazal、野口眞三郎 第25回日本乳癌学会学術総会 2017 7 福岡
厳選口演 ER陰性HER2陰性乳癌に対するアンスラサイクリンにタキサンを追加した術後化学療法の有用性の検討 北條隆 増田慎三、岩本高行、青儀健二郎、阿南敬生、飯島耕太郎、石田孝宣、河合賢朗、坂谷貴司、新倉直樹、増岡秀次、宮田裕章、隈丸拓、小島康幸、相良安昭、林直輝、吉田正行、徳田裕、中村清吾、津田均 第25回日本乳癌学会学術総会 2017 7 福岡
厳選口演 HER2陽性乳癌に対して術前化学療法が手術に及ぼす影響―Ki67indexを用いた治療選択研究の外科付随研究 穂積康夫 高橋将人、藤澤知巳、米山公康、大住省三、赤羽弘充、西村令喜、高島勉、相良安昭、井本滋、向井博文 第25回日本乳癌学会学術総会 2017 7 福岡
口演 当院における遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC)に対する取り組み 馬場信一 川野純子、西光代、平松明子、相良安昭、四元大輔、佐藤睦、寺岡恵、金光秀一、木谷哲、雷哲明、相良吉昭 第23回日本家族性腫瘍学会学術集会 2017 8 札幌
口演 ワークショップ:乳癌診断における新しいモダリティと個別化検診 戸﨑光宏 第25回日本がん検診・診断学会総会 2017 8 広島
デジタルポスター Pegfilgrastimの、TC(Docetaxel +Cyclophosphamide)療法に対する有用性の検討 木谷哲 四元大輔、相良安昭、金光秀一、佐藤睦、川野純子、寺岡恵、松山義人、安藤充嶽、大井恭代、相良吉昭、相良吉厚、雷哲明 第55回日本癌治療学会学術集会 2017 10 横浜
デジタルポスター 乳がん体験者に対するがん教育に関する意識調査 川野純子 山本瀬奈、江口惠子、佐藤睦、四元大輔、寺岡恵、金光秀一、木谷哲、相良安昭、馬場信一、雷哲明、相良吉昭、相良吉厚 第55回日本癌治療学会学術集会 2017 10 横浜
デジタルポスター cN+乳癌患者における術前化学療法後の病理学的腋窩リンパ節転移陰性についての検討 四元大輔 佐々木道郎、大井恭代、佐藤睦、川野純子、寺岡恵、木谷哲、金光秀一、馬場信一、相良吉昭、松山義人、安藤充嶽、相良吉厚、雷哲明、相良安昭 第55回日本癌治療学会学術集会 2017 10 横浜
パネリスト スイーツセミナー:進行・再発がん患者の心の揺らぎに寄り添うために 相良安昭 第2回日本サポーティブケア学会学術集会 2017 10 埼玉
口演 相良病院でのノウハウ 相良安昭 第2回日本サポーティブケア学会学術集会 2017 10 埼玉
ポスター 乳癌術後にCowden症候群と診断された一例 川野純子 馬場信一、安藤充嶽、西光代、平松明子、佐藤睦、四元大輔、寺岡恵、金光秀一、木谷哲、相良安昭、雷哲明、相良吉厚、相良吉昭 日本人類遺伝学会第62回大会 2017 11 神戸
ポスター 去勢抵抗性前立腺癌骨転移に対するゾーフィゴの初期使用経験 仙波明子 土持進作 日本放射線腫瘍学会第30回学術大会 2017 11 大阪
口演 ワークショップ:乳腺液状化細胞診による新たな診断アプローチの検討 大井恭代 前田ゆかり、永尾聡子、皆倉愛美、北薗暢子、飛田陽 第56回日本臨床細胞学会秋期大会 2017 11 福岡
ポスター コンジローマ様癌と鑑別を要しレーザー蒸散術が奏功した子宮頸部異形成の一例 辻隆広 前田ゆかり、永尾聡子、皆倉愛美、北薗暢子、板坂美里、畑中一仁、大井恭代 第56回日本臨床細胞学会秋期大会 2017 11 福岡
特別講演 乳腺細胞診~臨床に役立つ診断のために~ 大井恭代 第32回日本臨床細胞学会鳥取県支部総会ならびに学術集会 2017 12 鳥取

学会発表 診療部-2016年

発表形式 演題名 発表者名 共同発表者名 学会名 開催年 開催月 開催地
講演 乳腺腫瘍のWHO分類 ~診断に役立つ2つのポイント~ 大井恭代 第31回鹿児島県臨床細胞学会学術集会 2016 3 鹿児島
Oral session Who needs radiation therapy for DCIS? Yasuaki Sagara 8th Annual Asian Oncology Summit 2016 OOTR 第12回年次学会/京都乳癌コンセンサス会議 2016 国際大会 2016 3 京都
ポスターセッション 乳癌センチネルリンパ節転移陽性症例の腋窩治療別の予後の検討 四元大輔 相良安昭、大井恭代、佐藤睦、松方絢美、川野純子、寺岡恵、木谷哲、金光秀一、馬場信一、相良吉昭、松山義人、雷哲明、安藤充嶽、相良吉厚 第116回日本外科学会定期学術集会 2016 4 大阪
ポスター 乳癌に対する乳房切除術・乳房再建術後に生じたデスモイド腫瘍の1例 金光秀一 松方絢美、大井恭代、四元大輔、寺岡恵、相良安昭 第28回日本内分泌外科学会総会 2016 5 横浜
口演 ランチョンセミナー:エラストグラフィを取り入れた乳房超音波画像診断の実際 戸﨑光宏 日本超音波医学会第89回学術集会 2016 5 京都
口演 シンポジウム:乳腺細胞診における鑑別診断の実際 大井恭代 永尾聡子、皆倉愛美、北薗暢子、前田ゆかり 第57回日本臨床細胞学会総会(春期大会) 2016 5 横浜
口演 ワークショップ:進行再発乳がん患者に対するアドバンス・ケア・プランニングと早期緩和介入の取り組み 木谷哲 相良安昭、斎藤裕、江口惠子 第20回日本がん分子標的治療学会学術集会 2016 5 大分
口演 ワークショップ:非線状的思考から創る乳がん医療 相良吉昭 戸﨑光宏、柏葉匡寛、船ヶ山まゆみ、中原浩、前田資雄、松山義人、安藤充嶽、佐藤睦、木谷哲、寺岡恵、川野純子、四元大輔、金光秀一、馬場信一、玉田修吾、駒木幹正、相良安昭、雷哲明、相良吉厚 第24回日本乳癌学会学術総会 2016 6 東京
口演 ワークショップ:微小な癌の臨床病理学的特徴 大井恭代 相良安昭、金光秀一、四元大輔、雷哲明、相良吉昭 第24回日本乳癌学会学術総会 2016 6 東京
口演 診療ガイドライン委員会企画:診療ガイドラインのこれから-歴代委員長からみた現在の乳癌診療ガイドラインの問題点-問題点を踏まえ、さらによいガイドラインとするには
【検診・診断】
戸﨑光宏 第24回日本乳癌学会学術総会 2016 6 東京
口演 パネルディスカッション:生殖年齢乳がんに対する妊孕性温存への取り組み~生殖医療機関といかに連携するか~ 松方絢美 竹内一浩、松田和洋、詠田由美、佐藤睦、川野純子、寺岡恵、相良安昭、四元大輔、金光秀一、木谷哲、馬場信一、相良吉昭、松山義人、雷哲明、相良吉厚、土持進作、佐々木道郎、戸﨑光宏、大井恭代 第24回日本乳癌学会学術総会 2016 6 東京
ポスター討議 Low grade DCISに術後放射線治療は必要か 四元大輔 相良安昭、大井恭代、佐藤睦、寺岡恵、木谷哲、金光秀一、馬場信一、相良吉昭、松山義人、安藤充嶽、相良吉厚、雷哲明、戸﨑光宏 第24回日本乳癌学会学術総会 2016 6 東京
ポスター討議 乳腺部分切除術162例に対する患者の主観的な整容性評価 金光秀一 松方絢美、相良安昭、川野純子、寺岡恵、四元大輔、佐藤睦、木谷哲、馬場信一、松山義人、安藤充嶽、佐々木道郎、大井恭代、戸﨑光宏、雷哲明、相良吉昭、相良吉厚 第24回日本乳癌学会学術総会 2016 6 東京
ポスター討議 HER2 FISH結果から~CEP17染色体の異数性と臨床経過~ 川野純子 大井恭代、四元大輔、松方絢美、佐藤睦、寺岡恵、金光秀一、相良安昭、木谷哲、馬場信一、松山義人、安藤充嶽、相良吉昭、相良吉厚、雷哲明 第24回日本乳癌学会学術総会 2016 6 東京
ポスター討議 当院における乳癌脳転移症例についての検討 松山義人 雷哲明、相良吉昭、相良安昭、大井恭代、馬場信一、四元大輔、松方絢美、寺岡恵、金光秀一、川野純子、木谷哲、佐藤睦、相良吉厚、佐々木道郎、土持進作、戸﨑光宏 第24回日本乳癌学会学術総会 2016 6 東京
ポスター討議 乳がん初期治療後の定期フォローアップ中における、遠隔再発診断についての検討 木谷哲 相良安昭、大井恭代、佐藤睦、松方絢美、川野純子、寺岡恵、四元大輔、金光秀一、馬場信一、相良吉昭、松山義人、土持進作、佐々木道郎、戸﨑光宏、安藤充嶽、相良吉厚、雷哲明 第24回日本乳癌学会学術総会 2016 6 東京
ポスター討議 術前化学療法(NAC)に抵抗性を示したBasal/HER2タイプ乳癌の2例 佐藤睦 大井恭代、松方絢美、川野純子、寺岡恵、四元大輔、相良安昭、金光秀一、木谷哲、馬場信一、松山義人、相良吉昭、雷哲明、安藤充嶽、相良吉厚、土持進作、佐々木道郎、戸﨑光宏 第24回日本乳癌学会学術総会 2016 6 東京
ポスター討議 アポクリン癌の画像の検討 佐々木道郎 大井恭代 第24回日本乳癌学会学術総会 2016 6 東京
ポスター 当院緩和ケア病棟における持続鎮静の施行状況についての検討 松尾幹彦 糸山貴浩、坂本仁美、斎藤裕 第21回日本緩和医療学会学術大会 2016 6 京都
e-Poster 進行乳がん患者の筋・筋膜性疼痛に対するトリガーポイント注射の有用性 糸山貴浩 松尾幹彦、坂本仁美、斎藤裕、相良安昭、雷哲明、相良吉昭、西里佳、新垣るみ、橋口由起子、岩瀬哲 第21回日本緩和医療学会学術大会 2016 6 京都
ポスター 持続性G-CSF投与後の発熱性好中球減少症ついての検討 四元大輔 相良安昭、木谷哲、佐藤睦、川野純子、寺岡恵、金光秀一、馬場信一、相良吉昭、雷哲明 第14回日本臨床腫瘍学会学術集会 2016 7 神戸
Oral session Recent advances in MRI and PET Mitsuhiro Tozaki The 14th Asian Breast Diseases Association (ABDA) Meeting and Symposium 2016 9 福岡
Oral session Combination of elastography and tissue quantification using the acoustic radiation force impulse (ARFI) technology for breast masses Mitsuhiro Tozaki 韓国放射線学会 2016 9 ソウル
パネリスト パネルディスカッション:DCIS 症例を中心とした症例検討 相良安昭 第4回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会 2016 10 千葉
パネリスト パネルディスカッション:DCIS 症例を中心とした症例検討 大井恭代 第4回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会 2016 10 千葉
口演 腫瘍別シンポジウム:非浸潤性乳管癌に対する治療戦略のパラダイムシフト 相良安昭 第75回日本癌学会学術総会 2016 10 横浜
口演 ミニシンポジウム:腫瘍量の多いLuminal A type 乳癌における化学療法の効果についての検討 四元大輔 大井恭代、佐藤睦、川野純子、寺岡恵、木谷哲、金光秀一、馬場信一、相良吉昭、松山義人、安藤充嶽、相良吉厚、雷哲明、相良安昭 第54回日本癌治療学会学術集会 2016 10 横浜
ポスターセッション 離島診療における、がん診療連携拠点病院の役割と現状 木谷哲 相良安昭、宮上寛之、金光秀一、四元大輔、川野純子、馬場信一、相良吉昭、佐藤睦、寺岡恵、松山義人、安藤充嶽、相良吉厚、雷哲明 第54回日本癌治療学会学術集会 2016 10 横浜
口演 ワークショップ:術前化学療法を施行したbasal-HER2タイプ乳癌の化学療法効果の検討 佐藤睦 大井恭代、川野純子、寺岡恵、四元大輔、木谷哲、金光秀一、馬場信一、相良吉昭、松山義人、安藤充嶽、相良吉厚、雷哲明、相良安昭 第54回日本癌治療学会学術集会 2016 10 横浜
口演 教育セミナー:微小病変の適切なマネージメント 大井恭代 第26回日本乳癌検診学会総会 2016 11 久留米
口演 教育セミナー:次世代の乳がん検診に向けた技術革新 戸﨑光宏 第26回日本乳癌検診学会総会 2016 11 久留米
パネリスト パネルディスカッション:ハイリスクグループに対する検診 戸﨑光宏 第26回日本乳癌検診学会総会 2016 11 久留米
講演 コーヒーブレイクセミナー:個別化検診における各モダリティの役割とInvenia ABUSの可能性 戸﨑光宏 第13回日本乳癌学会関東地方会 2016 12 埼玉
ポスター グローブ式気嚢法による内視鏡下乳房温存切除術 金光秀一 第29回日本内視鏡外科学会総会 2016 12 横浜

学会発表 診療部-2015年

発表形式 演題名 発表者名 共同発表者名 学会名 開催年 開催月 開催地
口演 当院におけるHBOC診療 馬場信一 第3回日本HBOCコンソーシアム学術総会 2015 1 東京
講演 教育講演:乳腺細胞診断に役立つ WHO 分類のポイント 大井恭代 第30回大分県臨床細胞学会総会および学術集会 2015 2 大分
パネリスト ランチョンセミナー:エビデンスに基づく治療戦略を考える 転移・再発乳がん治療-九州若手医師によるパネルディスカッション- 寺岡恵 第12回日本乳癌学会九州地方会 2015 3 福岡
口演 術後補助療法選択へのOncotype DXの影響 松方絢美 第12回日本乳癌学会九州地方会 2015 3 福岡
講演 乳腺腫瘍のWHO分類 ~診断に役立つ2つのポイント~ 大井恭代 第31回鹿児島県臨床細胞学会学術集会 2015 3 鹿児島
Oral session Who needs radiation therapy for DCIS? Yasuaki Sagara 8th Annual Asian Oncology Summit 2016 OOTR 第12回年次学会/京都乳癌コンセンサス会議 2016 国際大会 2015 3 京都
口演 パネルディスカッション:乳房温存術においてOSNA法でセンチネルリンパ節転移陽性例に対する腋窩リンパ節廓清省略は可能か 四元大輔 相良安昭、大井恭代、松方絢美、川野純子、寺岡恵、金光秀一、馬場信一、相良吉昭、雷哲明、相良吉厚、松山義人、安藤充嶽 第115回日本外科学会定期学術集会 2015 4 名古屋
口演 温存乳房内再発に関わるリスク因子の検討<再発形式の違いは予後因子となるか? 松方絢美 雷哲明、安藤充嶽、相良吉厚、大井恭代、相良安昭、四元大輔、川野純子、寺岡恵、金光秀一、馬場信一、相良吉昭、松山義人 第115回日本外科学会定期学術集会 2015 4 名古屋
ポスター 放射線治療で症状緩和し、BSCの方針から再度の加療に移行できた前立腺癌硬膜転移の1例 松尾幹彦 斎藤裕、慶田善文、古郷修一郎、杉田智史、松田良一郎、五反田丈徳 第103回日本泌尿器科学会総会 2015 4 金沢
講演 病理診断講習会 臓器別(乳腺):乳管内増殖性病変を伴う乳腺疾患 大井恭代 第104回日本病理学会総会 2015 5 名古屋
Oral session The Survival Benefit offered by the Surgical Management of Low-Grade Ductal Carcinoma In Situ of the Breast. Yasuaki Sagara William T. Barry, Melissa Anne Mallory, Stephanie Wong, Fatih Aydogan, Stephen DeSantis, Mehra Golshan. American Society of Clinical Oncology (ASCO) 2015 Annual Meeting 2015 5 Chicago
Poster The utility of bi-weekly eribulin therapy for metastatic breast cancer:A Japanese multicenter phase 2 study (JUST-STUDY) Tetsuhiro Yoshinami Norikazu Masuda, Takahiro Nakayama, Fumikata Hara, Yasuaki Sagara, Hidetoshi Kawaguchi, Ken-ichi Watanabe, Masako Sato, Kenjiro Aogi, Kenji Higaki, Takashi Morimoto, Yasushi Shigeoka, Shinya Tokunaga, Hirotaka Morishima, Yasuhiro Yanagita, Junji Tsurutani, Shinichi Baba, Kazuhisa Katayama, Satoshi Morita, Shoichiro Ohtani. American Society of Clinical Oncology (ASCO) 2015 Annual Meeting 2015 5 Chicago
口演 シンポジウム:「鑑別困難」診断の変遷と新たな役割 大井恭代 前田ゆかり、永尾聡子、皆倉愛美、北園、辻隆広 第56回日本臨床細胞学会総会(春期大会) 2015 6 島根
ポスター BSCの方針から緩和ケア病棟入院後、再度治療可能となった2症例についての検討 松尾幹彦 斎藤裕 第20回日本緩和医療学会学術大会 2015 6 横浜
ポスター討議 TNBCにおいてTILsがUS画像に及ぼす影響についての検討 金光秀一 飛田陽、佐々木道郎、大井恭代、松方絢美、川野純子、寺岡恵、四元大輔、馬場信一、松山義人、安藤充嶽、相良安昭、相良吉昭、相良吉厚 第23回日本乳癌学会学術総会 2015 7 東京
ポスター討議 ISH法によるHER2診断基準の変更が臨床経過に及ぼす影響 川野純子 四元大輔、大井恭代、相良安昭、松方絢美、寺岡恵、金光秀一、馬場信一、相良吉昭、松山義人、安藤充嶽、相良吉厚、雷哲明 第23回日本乳癌学会学術総会 2015 7 東京
ポスター掲示 HBOC診療における当院での取り組み 馬場信一 西光代、川野純子、相良安昭、松方絢美、四元大輔、寺岡恵、金光秀一、相良吉昭、松山義人、安藤充嶽、雷哲明、相良吉厚、江口惠子 第23回日本乳癌学会学術総会 2015 7 東京
ポスター掲示 乳癌センチネルリンパ節生検におけるOSNA法の多施設共同臨床試験(UMIN:000012623) 四元大輔 相良安昭、大井恭代、松方絢美、川野純子、寺岡恵、金光秀一、馬場信一、相良吉昭、松山義人、安藤充嶽、相良吉厚、土持進作、山口美樹、田中真紀、山口倫、鈴木真彦、郡山千早、雷哲明 第23回日本乳癌学会学術総会 2015 7 東京
ポスター掲示 当院における再発乳癌の長期生存例についての検討 松山義人 雷哲明、相良吉昭、相良安昭、馬場信一、大井恭代、四元大輔、松方絢美、金光秀一、寺岡恵、川野純子、安藤充嶽、土持進作、佐々木道郎、斎藤裕、相良吉厚 第23回日本乳癌学会学術総会 2015 7 東京
ディスカッサント イブニングセミナー:Breast Cancer Board in TOKYO 2015 木谷哲 第23回日本乳癌学会学術総会 2015 7 東京
症例解説 病理セミナー:バーチャルスライド提示症例の解説 大井恭代 第23回日本乳癌学会学術総会 2015 7 東京
班研究報告 2014年度日本乳癌学会班研究中間報告「センチネルリンパ節転移陽性乳癌における腋窩治療の最適化に関する研究」 井本滋 山内智香子、菰池佳史、津川浩一郎、四元大輔、和田徳昭、菅江貞亨、枝園忠彦、津田均、上野貴之、米山公康、大庭真梨 第23回日本乳癌学会学術総会 2015 7 東京
共同演者 シンポジウム:Tumor infiltrating lymphocytes(TIL)はtriple negative(TN)乳癌の予後と治療効果を予測しうる 飛田陽 相良吉昭、雷哲明、馬場信一、金光秀一、四元大輔、寺岡恵、相良安昭、川口英俊、大井恭代 第23回日本乳癌学会学術総会 2015 7 東京
共同演者 HER2陰性局所進行乳癌に対するアンスラサイクリン-タキサン-エリブリン逐次療法の有用性確認試験(JBCRG-17) 増田慎三 深田一平、近藤直人、大谷彰一郎、服部正也、小坂泰二郎、田辺真彦、増野浩二郎、松並展輝、澤木正孝、柏葉匡寛、川端英孝、相良安昭、黒井克昌、森田智視、大野真司、戸井雅和、伊藤良則 第23回日本乳癌学会学術総会 2015 7 東京
共同演者 エリブリン隔週投与法の有効性と安全性の検討-JUST-STUDY- 渡邊健一 吉波哲大、原文堅、相良安昭、川口英俊、松並展輝、長谷川善枝、岩本充彦、四元大輔、高橋將人、水谷麻紀子、増田慎三、中山貴寛、大谷彰一郎 第23回日本乳癌学会学術総会 2015 7 東京
共同演者 乳癌のKi-67ラベリングインデックスに対する至適な計測法の検討 森谷卓也 鹿股直樹、有馬信之、本間尚子、大井恭代、坂谷貴司、飛田陽、玉城研太朗、新倉直樹、吉田一也、杉江知治 第23回日本乳癌学会学術総会 2015 7 東京
共同演者 浸潤性小葉癌と浸潤性乳管癌におけるエストロゲン合成代謝酵素の比較 高木まゆ 石田孝宣、三木康宏、宮下穣、雷哲明、平川久、笹野公伸、大内憲明 第23回日本乳癌学会学術総会 2015 7 東京
共同演者 Web会議方式で行う多地点多職種参加の看護カンファレンスの実際と成果 早川昌子 渡邉健一、高橋由美、橋本直樹、成田富美子、川嶋啓明、河野勤、下田愛衣、渡辺亨、宮本康敬、天野一恵、岩本充彦、小野ひとみ、相原智彦、杉本健樹、藤原キミ、相良安昭、戸畑利香、宮良球一郎、海野利恵 第23回日本乳癌学会学術総会 2015 7 東京
講演 教育講演4 「乳腺」:乳がんハイリスク群に対する乳房MRIスクリーニング 戸﨑光宏 第43回日本磁気共鳴医学会大会 2015 9 東京
講演 ランチョンセミナー:Invenia ABUSを用いた超音波検診の可能性 戸﨑光宏 第25回日本乳癌検診学会学術総会 2015 10 筑波
講演 ランチョンセミナー:乳がん診療におけるマルチモダリティ画像診断の展望 戸﨑光宏 第25回日本乳癌検診学会学術総会 2015 10 筑波
講演 スポンサードシンポジウム:非浸潤性乳管癌(DCIS) 相良安昭 第53回日本癌治療学会学術集会 2015 10 京都
口演 ワークショップ(優秀演題):乳癌術前化学療法におけるtumor infiltrating lymphocytesの検討 四元大輔 飛田陽、大井恭代、相良安昭、佐藤睦、松方絢美、寺岡恵、木谷哲、金光秀一、相良吉昭、松山義人、安藤充嶽、相良吉厚、雷哲明 第53回日本癌治療学会学術集会 2015 10 京都
ポスター 当院で実施している高齢者のがん治療におけるフレイル評価 松方絢美 相良安昭、四元大輔、寺岡恵、木谷哲、土持進作、馬場信一、大井恭代、雷哲明 第53回日本癌治療学会学術集会 2015 10 京都
口演 甲状腺補完全摘術省略例での放射線ヨード内用療法の経験 土持進作 岩崎倫成、水野恵美子 第55回日本核医学会学術総会 2015 11 東京
口演 乳癌根治術としての乳腺部分切除術の整容性評価 金光秀一 松方絢美、相良安昭、寺岡恵、四元大輔、川野純子、佐藤睦、木谷哲、馬場信一、松山義人、安藤充嶽、雷哲明、相良吉昭、相良吉厚 第77回日本臨床外科学会総会 2015 11 福岡
Poster A randomized clinical trial of postoperative adjuvant therapy for elderly breast cancer patients: Conditions of obtaining informed consent and reasons for declining participation Yasuaki Sagara Sawaki M, Taira N, Saito T, Kashiwaba M, Iwata H, Kobayashi K, Nakayama T, Bando H, Mizuno T, Yamamoto Y, Tsuneizumi M, Takahashi M, Yamaguchi M, Kawashima H, Takashima T, Uemura Y, Hozumi Y, Sagawa N, Mukai H, Ohashi Y 38th Annual San Antonio Breast Cancer Symposium (SABCS) 2015 12 San Antonio
Poster Patient Prognostic Score and Improvement in Survival Offered by Radiotherapy After Breast Conserving Surgery for Ductal Carcinoma in Situ: A Population-Based Cohort Study Yasuaki Sagara Freedman RA, Vaz-Luis I, Mallory MA, Wong S, Aydogan F, DeSantis S, Barry WT, Golshan M 38th Annual San Antonio Breast Cancer Symposium (SABCS) 2015 12 San Antonio
Poster A randomized controlled trial of postoperative adjuvant therapy for elderly breast cancer patients:
Comparison of health-related quality of life between clinical trial participants and decliners
Tsuyoshi Saito Masataka Sawaki, Masahiro Kashiwaba, Hiroji Iwata, Naruto Taira, Kokoro Kobayashi, Takahiro Nakayama, Shinichi Baba, Hiroko Bando, Toshiro Mizuno, Yutaka Yamamoto, Michiko Tsuneizumi, Masato Takahashi, Miki Yamaguchi, Hiroaki Kawashima, Tsutomu Takashima, Yukari Uemura, Yasuo Hozumi, Noriko Sagawa, Hirofumi Mukai, Yasuo Ohashi. 38th Annual San Antonio Breast Cancer Symposium (SABCS) 2015 12 San Antonio

学会発表 診療部-2014年

発表形式 演題名 発表者名 共同発表者名 学会名 開催年 開催月 開催地
口演 舌痛症に当帰芍薬散が奏効した1症例 河野恵子 第21回日本東洋医学会九州支部 鹿児島県部会学術講演会 2014 2 鹿児島
講演 WHO分類に基づいた乳腺細胞像の解釈 大井恭代 第30回日本臨床細胞学会宮崎県支部学会 2014 3 宮崎
口演 難治性肝膿瘍を呈したエキスパンダー再建例 松方絢美 矢永博子、相良安昭、雷哲明、大井恭代、川野純子、四元大輔、寺岡恵、金光秀一、馬場信一、相良吉昭、松山義人、安藤充嶽、相良吉厚 第11回日本乳癌学会九州地方会 2014 3 福岡
ポスターセッション subtpe別における予後因子としてのセンチネルリンパ節の乳癌転移腫瘍量の検討 四元大輔 相良安昭、大井恭代、松方絢美、川野純子、寺岡恵、金光秀一、馬場信一、相良吉昭、雷哲明、相良吉厚 第114回日本外科学会定期学術集会 2014 4 京都
ポスターセッション ACPを意識した再発・転移性乳癌の予後に関する臨床病理学的検討 金光秀一 相良安昭、大井恭代、松方絢美、川野純子、寺岡恵、四元大輔、馬場信一、相良吉昭、雷哲明、相良吉厚 第114回日本外科学会定期学術集会 2014 4 京都
ポスターディスカッション 麻酔科による、術前の深部静脈血栓症予防外来の試み 河野恵子 田口利樹 日本麻酔科学会第61回学術集会 2014 5 横浜
講演 “教育講演:低悪性度乳腺病変の細胞診断の実際” 大井恭代 第55回日本臨床細胞学会総会(春期大会) 2014 6 横浜
ポスター掲示 多発骨転移患者に対する塩化ストロンチウムSr89治療に対する検討 松尾幹彦 斎藤裕、土持進作 第19回日本緩和医療学会学術大会 2014 6 神戸
講演 “一般セッション(優秀演題講演):転移・再発乳癌に対するタキサン系薬剤とTS-1のランダム化比較試験(SELECT-BC)” 相良吉昭 高島勉、原文堅、渡辺隆紀、穂積康夫、鶴谷純司、井本滋、西村令喜、大橋靖雄、向井博文 第22回日本乳癌学会学術総会 2014 7 大阪
ポスターディスカッション OSNA法によるセンチネルリンパ節転移陽性例に対する腋窩リンパ節郭清省略の可能性 四元大輔 相良安昭、大井恭代、松方絢美、川野純子、寺岡恵、金光秀一、馬場信一、相良吉昭、松山義人、雷哲明、安藤充嶽、相良吉厚 第22回日本乳癌学会学術総会 2014 7 大阪
ポスターディスカッション 当院で実施している総合的機能評価に従った高齢者の化学療法施行について 松方絢美 相良安昭、川野純子、四元大輔、寺岡恵、金光秀一、相良吉昭、松山義人、大井恭代、雷哲明、安藤充嶽、相良吉厚 第22回日本乳癌学会学術総会 2014 7 大阪
ポスター掲示 当院におけるHBOC診療への取り組みと現状 馬場信一 西光代、相良安昭、川野純子、松方絢美、四元大輔、寺岡恵、金光秀一、松山義人、相良吉昭、雷哲明、相良吉厚 第22回日本乳癌学会学術総会 2014 7 大阪
ポスター掲示 ER陽性・HER2陰性・pStage Ⅰ-Ⅱ乳癌における補助化学療法選択に有用な病理学的因子の検討 金光秀一 大井恭代、四元大輔、相良安昭、松方絢美、川野純子、寺岡恵、馬場信一、松山義人、安藤充嶽、雷哲明、相良吉昭、相良吉厚 第22回日本乳癌学会学術総会 2014 7 大阪
ポスター掲示 当院における浸潤性小葉癌の臨床病理学的検討 寺岡恵 四元大輔、相良安昭、大井恭代、松方絢美、川野純子、金光秀一、馬場信一、相良吉昭、雷哲明、松山義人、安藤充嶽、相良吉厚 第22回日本乳癌学会学術総会 2014 7 大阪
ポスター掲示 当院における若年性乳がんの動向~妊孕性温存のとりくみに向けて~ 川野純子 四元大輔、相良安昭、松方絢美、寺岡恵、金光秀一、馬場信一、相良吉昭、松山義人、雷哲明、安藤充嶽、大井恭代、相良吉厚 第22回日本乳癌学会学術総会 2014 7 大阪
ポスター掲示 当院における再発乳癌の検討 松山義人 雷哲明、大井恭代、相良吉昭、相良安昭、馬場信一、四元大輔、松方絢美、寺岡恵、金光秀一、川野純子、土持進作、佐々木道郎、斎藤裕、安藤充嶽、相良吉厚 第22回日本乳癌学会学術総会 2014 7 大阪
ポスター掲示 invasive micropapillary carcinomaの検討 佐々木道郎 第22回日本乳癌学会学術総会 2014 7 大阪
班研究報告 2012年度日本乳癌学会班研究最終報告「Ki-67の測定評価の標準化に関する研究」 森谷卓也 有馬信之、大井恭代、角舎学行、鹿股直樹、坂谷貴司、玉城研太朗、新倉直樹、本間尚子、吉田一也、飛田陽 第22回日本乳癌学会学術総会 2014 7 大阪
共同演者 閉経前ER陽性進行再発乳癌患者を対象にゴセレリン10.8mgと3.6mgを比較したアジア共同第3相試験 佐藤信昭 高橋將人、山本尚人、雷哲明、井本滋、西村令喜、辛栄成、野口眞三郎 第22回日本乳癌学会学術総会 2014 7 大阪
共同演者 乳癌術前/術後TC療法実施時の発熱性好中球減少症に対するKRN125(Pegfilgrastim)の第Ⅲ相試験:全期間の報告 高野利実 蔵並勝、雷哲明、増田慎三、佐伯俊昭、中村清吾、伊藤良則、徳田裕、田村和夫 第22回日本乳癌学会学術総会 2014 7 大阪
共同演者 術前内分泌療法による乳癌組織のFOXA1,GATA3発現変化に関する研究 田中仁寛 徳永えり子、山下奈真、相良安昭、大井恭代、田口健一、岡野慎司、大野真司、森田勝、前原喜彦 第22回日本乳癌学会学術総会 2014 7 大阪
共同演者 妊娠期乳癌における集学的治療と遺伝カウンセリングの実際 北川瞳 林直輝、川野純子、北野敦子、吉田敦、矢形寛、中村清吾、角田博子、山内英子 第22回日本乳癌学会学術総会 2014 7 大阪
共同演者 病理医間のKi67の一致率の検討 Ki67リングスタディの結果から 新倉直樹 坂谷貴司、有馬信之、大井恭代、本間尚子、鹿股直樹、吉田一也、角舎学行、玉城研太朗、森谷卓也、熊木伸枝、岩本高行、杉江知治 第22回日本乳癌学会学術総会 2014 7 大阪
口演 当院の妊孕性温存に対する取り組み 松方絢美 竹内一浩、相良安昭、川野純子、相良吉昭、土持進作、雷哲明 第12回日本臨床腫瘍学会学術集会 2014 7 福岡
ポスターセッション 乳がん専門病院におけるがん患者の子どものサポートグループ(CLIMBⓇ)の実践 川野純子 江口惠子、柳ひろみ、雷哲明、相良吉昭、小林真理子 第12回日本臨床腫瘍学会学術集会 2014 7 福岡
口演 pStageⅠ症例の予後についての検討~サブタイプは予後因子となるか~ 四元大輔 相良安昭、大井恭代、松方絢美、川野純子、寺岡恵、金光秀一、馬場信一、相良吉昭、雷哲明、相良吉厚 第52回日本癌治療学会学術集会 2014 8 横浜
ポスター 当科における濾胞性腫瘍診断切除例の検討 寺岡恵 四元大輔、金光秀一、大井恭代、土持進作、大薮郁哉 第47回日本甲状腺外科学会学術集会 2014 10 福岡
口演 ワークショップ:乳がんハイリスクグループに対する検診方法 馬場信一 相良安昭、松方絢美、川野純子、寺岡恵、四元大輔、金光秀一、相良吉昭、雷哲明、相良吉厚、西光代、鷲塚麻衣 第24回日本乳癌検診学会学術総会 2014 11 群馬
口演 シンポジウム:腋窩郭清省略時代におけるセンチネルリンパ節生検の意義センチネルリンパ節転移陽性例における転移径の影響とその予後についての検討 四元大輔 相良安昭、大井恭代、松方絢美、寺岡恵、金光秀一、馬場信一、松山義人、雷哲明 第76回日本臨床外科学会総会 2014 11 福島
口演 OSNA法を用いたセンチネルリンパ節生検施行症例の臨床成績 金光秀一 大井恭代、四元大輔、相良安昭、寺岡恵、川野純子、松方絢美、馬場信一、松山義人、安藤充嶽、雷哲明、相良吉昭、相良吉厚 第76回日本臨床外科学会総会 2014 11 福島
poster session Effect of margin width on local recurrence in invasive lobular carcinoma treated with multimodality therapy Yasuaki Sagara William T.Barry, Melissa Anne Mallory, lnes Vaz-Luis, M.Sc., Fatih Aydogan, Jane E. Brock, Eric P. Winer, Mehra Golshan, Otto Metzger-Filho. 2014 San Antonio Breast Cancer Symposium 2014 12 Texas, USA
口演 BSCの方針から緩和ケア科入院後、体調改善しアビラテロン療法が施行可能となったCRPCの2例 松尾幹彦 斎藤裕、大迫洋一、慶田喜文、古郷修一郎、松田良一郎、五反田丈徳、杉田智史、榎田英樹 第129回日本泌尿器科学会総会鹿児島地方会 2014 12 鹿児島