人生の質を高める、緩和ケアを提供します。

緩和ケア科では、がん患者さんとご家族を支え、自分らしく生きることをサポートするためのケアを行っています。

からだとこころ。さまざまに現れる痛みやつらさを我慢する必要はありません。がんによる痛みを緩和ケアでやわらげることができます。

当法人では、診断時からの多職種によるチームアプローチを基盤として、外来・入院ともに患者さん一人ひとりへの全人的ケアの提供を目指して取り組んでいます。

緩和ケアの流れ

緩和ケア科では、こころとからだの痛みをやわらげる治療を行いながら、自分らしい生活を送るお手伝いをいたします。


緩和ケアでできること

痛みや不快な症状をやわらげること

口腔ケア(お口の中のケア)

個別リハビリテーション

レスパイト入院(短期間の入院)

こころのケア

ご家族のケア

思いを叶えるケア

相良病院の緩和ケアの特徴

シームレスな緩和ケア

相良病院では乳がんの専門病院として、乳がんと診断された時から乳腺科と緩和ケア科が協働し、「専門職種」に「乳がん体験者」を加えたチームとして、シームレスな緩和ケアを行っています。

アドバンスケアプランニング(ACP)

乳がんの再発治療は長期間にわたり、治療内容の変更を繰り返しながら継続する場合が多く、患者さんの希望や価値観を大切にした意思決定支援が不可欠です。当院では、患者さんやご家族との話し合いのもと、下記の3つのプロセスでアドバンスケアプランニング(ACP)を進めています。

  1. 話し合いのためのツールを使う(質問紙)
  2. 多職種で話し合う(カンファレンス)
  3. 話し合いを継続し、話し合った内容を記録する(電子カルテ)

その人らしさに寄り添う

緩和ケア病棟では、乳がん、肺がんをはじめ、多様ながん種に対応し、近隣のみならず県内各地の方々にご利用いただいています。また、在宅支援や地域医療機関との連携を深めながら、がんによるさまざまな症状の緩和を図り、その人らしい人生の質を高めるための『緩和ケア』の提供に努めています。

私たちは信頼関係に基づく良好なコミュニケーションを通して、患者さんやご家族がどのような生活を希望しておられるのかを知り、その達成に向けて最善の方法を検討し、共に目標を設定していくことを目指しています。
『その人の人生は、その人しか生きられない』ことに敬意を払い、共に在り、共に歩んでまいります。

緩和ケア科に関するご相談・お問い合わせ

099-216-3360(がん相談支援センター)

受付時間 月~金曜9:00~17:30


相良病院
〒892-0833  鹿児島市松原町3-31
Tel.099-224-1800 Fax.099-224-3921

さがらパース通りクリニック
〒892-0838  鹿児島市新屋敷町26-13
Tel.099-239-5255 Fax.099-239-5266

外来予約センター

Tel.099-224-0489 

[受付時間]月〜金曜日 8:30〜18:00 土曜日 8:30〜12:00