内科、外科、放射線科の3領域から総合的な治療を行います。

内科(検査・診察)

患者さんの負担を軽減する検査・診療に努めています。

甲状腺疾患は男性に比べ、圧倒的に女性に多い病気です。博愛会では、長年培ってきた女性医療の専門性を基盤に、甲状腺疾患の的確な診断・治療を行っています。

高精度かつ迅速な甲状腺ホルモン検査を行うため、最新の免疫測定装置を完備し、検査結果をもとにした診察は日本甲状腺学会認定専門医が行います。検査は血液検査と甲状腺エコー検査が基本で、必要な場合は穿刺吸引細胞診を実施します。

甲状腺疾患は、きちんと診断できれば、しっかりと治療することができます。治療方針は患者さんと一緒に決定できるよう、医師や看護師がご説明いたします。わからないことは遠慮なくお尋ねください。


パース通りに面した相良病院2階の甲状腺外来


外科(手術)


一人ひとりに最善の手術法と切除範囲を選択します。

2019年の甲状腺がん手術症例数は37件。甲状腺がんは悪性度の高い未分化がんを除き、多くの場合、治療は手術が基本となります。
手術には、甲状腺をすべて摘出する全摘術、甲状腺の約2/3以上を切除する亜全摘術、片側の甲状腺(右葉[うよう]あるいは左葉[さよう])を切除する葉切除術などがあります。手術の方法はがんのある場所や大きさ、転移の有無などによって決定します。
また症状や患者さんの希望に応じて、良性の甲状腺腫の手術も行っています。

放射線治療

核医学検査・アイソトープ治療設備を完備しています。

「さがらパース通りクリニック」の放射線治療センターでは、甲状腺疾患の診断に有用な甲状腺シンチグラフィを行うほか、鹿児島県内でも2施設に限られる放射線管理病床が2床あり、内用療法(アイソトープ治療)も実施しています。
詳しくは放射線治療科のページをご確認ください。

放射線治療科

このように内科・外科・放射線科の3領域から甲状腺疾患の治療を行えるのは、九州でも限られた施設だけです。甲状腺に不安がある方は、早めにご相談ください。

パンフレット「甲状腺の基礎知識と病気」

甲状腺科部長・大藪郁哉医師が監修したパンフレットに、甲状腺の基礎知識や気になる症状、主な病気(バセドウ病・橋本病・甲状腺機能低下症・無痛性甲状腺炎・亜急性甲状腺炎)などがまとめられています。ぜひご一読ください。








出典:ロシュ・ダイアグノスティックス(株)


関連施設リンク


甲状腺疾患専門病院  伊藤病院(東京・表参道)


ご予約・お問い合わせ

099-224-0489(博愛会 外来予約センター)

受付時間 月~金曜 8:30~17:00
     土曜   8:30~12:00

予約外受診をご希望の方へ

診療状況により、予約外の受診はお受けできない場合がございます。ご来院前に必ず電話でお問い合わせをお願いいたします。

099-224-1800(相良病院 代表電話)


相良病院
〒892-0833  鹿児島市松原町3-31
Tel.099-224-1800 Fax.099-224-3921

さがらパース通りクリニック
〒892-0838  鹿児島市新屋敷町26-13
Tel.099-239-5255 Fax.099-239-5266

外来予約センター

Tel.099-224-0489 

[受付時間]月〜金曜日 8:30〜17:00 土曜日 8:30〜12:00