「がん薬物療法の専門家」として、患者さんの治療と生活を支えます。

腫瘍内科は、がん薬物療法を専門とする内科の一分野で、腫瘍内科医とは、質の高いがん薬物療法を実現するため、幅広い臓器のがん薬物療法の知識と技術をもった専門医です。

一般的に抗がん薬の専門家というイメージが強いのですが、抗がん剤治療だけが仕事ではありません。手術、放射線治療、痛みをはじめとした様々な苦痛をやわらげる緩和ケアなど複数の治療の中から、一人ひとりの患者さんに最も適した治療を考える役割を担っています。

それぞれの専門医やメディカルスタッフと連携しながら、がん治療を行い、患者さんの伴走者として、診断、治療、生活面など、幅広く患者さんのがん診療をサポートしていまいります。

乳がん専門病院ならではの取り組み


相良病院3階 化学療法センター

当院の腫瘍内科は、乳がんの内科的治療(薬物療法)を専門とし、乳がんに対する新しい治療法の導入や標準的治療法の確立、治験・臨床試験、緩和療法などを行っています。

仕事や趣味との両立を目指す外来化学療法、特徴的な副作用を管理しながら効果を引き出す分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤による治療、がんゲノム医療にも対応しています。

また、アピアランスケアとして、脱毛抑制を目的に使用する頭部冷却装置を導入し、術後抗がん剤治療を行う方への使用を開始しています。詳細はスタッフにお問い合わせください。


相良病院
〒892-0833  鹿児島市松原町3-31
Tel.099-224-1800 Fax.099-224-3921

さがらパース通りクリニック
〒892-0838  鹿児島市新屋敷町26-13
Tel.099-239-5255 Fax.099-239-5266

外来予約センター

Tel.099-224-0489 

[受付時間]月〜金曜日 8:30〜17:00 土曜日 8:30〜12:00