放射線治療科‐東 龍太郎 (ひがし りゅうたろう) 


さがらパース通りクリニック 放射線治療 センター長
放射線療法は、乳がんの治療において手術後の再発予防や予後延長に寄与するとされ、非常に重要な位置を占める治療です。また、乳がんのみならず多くのがんにおいても根治を目指した治療から、がんによる諸症状の緩和を目的とした治療まで幅広い適応があり、現在では世界のがん診療において非常に重要な役割を担っています。ただ、有効な治療であることは分かっていても、色々な不安を抱えながら、お過ごしになると思います。患者さんに少しでも安心して日々の治療を受けていただけるよう、私を含めた3名の放射線治療専門医、各診療科の医師、スタッフと共に最善の治療の提案・提供に努めて参ります。

経歴

  • 鹿児島大学医学部卒
  • 鹿児島大学大学院医学研究科
  • 鹿児島大学医学部附属病院 放射線科 医員
  • 曽於郡医師会立病院 内科
  • 鹿児島市医師会病院 放射線科
  • 国立都城病院 放射線科
  • 今給黎総合病院 放射線科
  • 南風病院 放射線科
  • 鹿児島大学医学部・歯学部附属病院 放射線診療センター 放射線科 医員
  • 藤元早鈴病院 放射線治療科
  • 鹿児島大学病院 放射線診療センター 放射線科 助教

所属学会・資格

  • 日本医学放射線学会 放射線科専門医
  • 日本放射線腫瘍学会 放射線治療専門医
  • 日本放射線科専門医会
  • 日本緩和医療学会
  • 日本癌治療学会