社会医療法人博愛会相良病院 乳がん検査・手術・術前術後治療に40年以上の実績・乳腺科専門外来を備えています。

社会医療法人博愛会 女性のための専門病院
社会医療法人博愛会女性のための専門病院
Loading
社会医療法人 博愛会 相良病院 新病院プロジェクト

社会医療法人 博愛会×SIEMENS

HOME > 博愛会について > 部門紹介 > 臨床研究支援室

臨床研究支援室


臨床研究支援室のご案内

博愛会では、新薬の開発に必要な臨床試験「治験」、人(患者や健康な人)を対象とした治療を兼ねた試験「医師主導臨床試験」を行うため「臨床研究支援室」を設置しています。臨床研究支援室には看護師と事務職員が常駐し、臨床研究に参加される患者さんの安全と人権を守り、国が定めたルール(GCP・人を対象とする医学系研究に関する倫理指針)に沿って科学性や倫理性を確保したうえでスムーズに臨床研究が行えるよう努めています。

治験事務局としての業務

博愛会で実施されるすべての治験の窓口になっているのが「臨床研究支援室」です。治験を行う際には、国が定めたルール(GCP)に沿って治験審査委員会(IRB)を組織し、内容を審議するよう定められています。臨床研究支援室は博愛会の治験審査委員会(IRB)事務局としての機能も兼ね備えています。ここでは具体的に下記の業務を行っています。


※ 治験審査委員会(IRB)とは、治験が科学的・倫理的に行えるよう審議する会で構成員の職種は多岐に渡っています。また当病院と利害関係のない院外の委員、医療専門職以外の委員を入れなければならないなどの細かい規程もあり、原則として毎月1回開催しています。

治験コーディネーター(CRC)としての業務

治験コーディネーターは治験を安全かつ円滑に行うため、医師および病院の関連部署と依頼者(製薬会社)の間に立ち、連絡調整を行います。また患者さんが治験に参加されてから終了するまで、最も身近な存在として次のような役割を果たします。

その他にも治験に関するさまざまな支援を行い、製造販売後臨床試験、医師主導臨床試験も実施しています。ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

治験実績

新しい治療薬の開発に参画し、専門病院としての社会的使命を果たす目的のもと積極的に実施しています。
特に新しいタイプの分子標的薬の治験が増えており、患者さんの治療選択肢の幅が広がっています。

治験 登録者数

治験登録者数 グラフ

内容別 登録試験数

治験 内容別 登録試験数

倫理審査委員会一覧

介入研究 非介入研究
研究の種類 治験
(企業/医師主導)
侵襲的 非侵襲的
(軽微な侵襲を含む)
観察研究 調査研究
研究対象 新医薬品/医療機器の開発
GCP/ICH-GCR準拠の自主臨床試験
薬物治療
  承認薬
  適応外使用
  未承認薬
医療機器
手術
薬物動態
健康食品など
ケア
  食事療法
  運動療法
  リハビリ
  テーションなど
体外診断機器
(画像診断)
体外診断薬など
ヒト試料
  血液・尿・体液
  など
生体情報
  カルテ・画像・
  生理機能検査
  など
疫学調査
アンケート
調査など
指針等 GCP 人を対象とする医学系研究に関する倫理指針
審査委員会 相良病院
治験審査委員会(IRB)
相良病院
臨床研究審査委員会
相良病院
倫理委員会(臨床倫理)
申請窓口 IRB事務局
(臨床研究支援室)
臨床研究審査委員会事務局
(臨床研究支援室)
倫理委員会事務局
委員会設置者 相良病院 院長 博愛会理事長

治験臨床研究

新規治験申請

新規治験のご依頼の場合には、手続きの流れ(PDF)に従い必要書類を作成の上、申請手続きをお願いいたします。

臨床研究支援部 スタッフ紹介

臨床研究支援部 部長 脇 いくみ 日本臨床薬理学会認定CRC(看護師)
臨床研究支援室 主任 岡留 百恵 CRC(看護師)・癌治療学会認定データマネージャー
西 光代 CRC(看護師)
吉冨 真紗美 CRC(看護師)
三角 知子 CRC(看護師)
坂口 美保 事務局担当
麓 美紀 事務局担当