乳がんの手術法

乳がんの手術には大きく分けて2つの手術法があり、乳房全体を取り除く「乳房切除術」と、腫瘍(しこり)を含む乳腺の一部だけを切除する「乳房温存術」に大別されます。

それぞれの手術法は、腋窩リンパ節を取り除く(郭清する)範囲などにより、さらにいくつかの種類に分類されます。
続きを読む

乳房切除術

胸筋温存乳房切除術

乳房をすべて切除し、大胸筋を残したまま腋窩や鎖骨下のリンパ節の郭清を行う手術です。小胸筋は切除する場合としない場合があります。現在のわが国における乳がん手術の標準的な方法です。

長所

  • 胸筋を残すので、術後、腋の下がへこんだり、皮膚に肋骨が浮き出たりしない。
  • 胸筋を切除する手術に比べて、腕や肩の筋力低下や運動障害の程度が少なくてすむ。

短所

  • 腕のむくみを生じることがある。
  • 障害の程度は軽いものの、運動障害が生じる可能性がある。
  • 胸筋の神経が保存されないと、胸筋が残っていても、筋肉の萎縮が起こる。

胸筋温存乳房切除術’(図)
続きを読む

乳房温存術

乳房扇状部分切除術

腫瘍とその周囲の正常な乳腺組織を、乳頭を中心にして扇状に切除する手術で、乳房温存術の中では切除範囲が最も広くなります。必要に応じてリンパ節を郭清し、術後は多くの場合、放射線治療が行われます。

長所

  • 切除範囲が広いので、比較的大きめの腫瘍でも取り残す可能性が少なくてすむ。
  • 乳房切除術に比べて、腕や肩の障害が軽度。術後のリハビリテーションで回復を早めることができる。

短所

  • 乳房が小さい場合は、残った乳房が変形することもある。
    (術後、乳房の変形を少なくするための乳房再建も可能)
  • 腋窩リンパ節を郭清した場合には、腕のむくみ等が生じることがある。

乳房扇状部分切除術(図)
続きを読む

センチネルリンパ節生検

センチネルリンパ節とは

乳がんは腋の下のリンパ節に転移する傾向を持っています。以前は乳がんになった場合、リンパ節への転移の有無に関わらず、腋の下のリンパ節をすべて摘出する手術が行われていました。

しかし腋の下のリンパ節を切除することにより、リンパ液の流れが悪くなるため、腕がむくみやすくなったり、しびれやつるような感覚が起きたりと、患者さんにとって負担が大きいものでした。

現在は最初に転移するリンパ節(見張りリンパ節)を調べることが可能となり、そこに転移がなければ、残りのリンパ節を温存することができるようになりました。この見張りリンパ節の転移を調べる検査をセンチネルリンパ節生検(センチネルは英語で見張りの意味)といいます。
続きを読む