乳房再建法の比較

乳房再建の方法には、自家組織を用いた乳房再建(身体の一部を移植する方法:筋皮弁法)と人工乳房を用いた乳房再建(インプラント法)の2種類があります。

また自家組織と人工乳房を用いた乳房再建を一緒におこなう場合もあります。 これは広背筋皮弁+人工乳房の場合です。胸に筋肉(大胸筋)がない場合で健側の胸が大きく、腹直筋皮弁が使用できない方が適応になります。

  身体の一部を移植する方法
(筋弁法)
人工乳房を用いる方法
腹直筋皮弁
(お腹)
広背筋皮弁
(せなか)
インプラント法
入院期間 約4週間 約3週間 3~4日間(ホテル宿泊でも可能)
外来
通院期間
術後、創部の状態をみるために定期的な診察(1,3,6ヶ月、その後1年に1回)を受けていただきます 術後、創部の状態をみるために定期的な診察(1,3,6ヶ月、その後1年に1回)を受けていただきます 組織拡張器挿入後から人工乳房を入れるまでの約6ヶ月の間、約3~4週間に1回(遠方の方は1~2ヶ月に1回)、組織拡張器へ生理食塩水を注入するために通院が必要です。人工乳房術後は通常通りです。
手術時間 5~8時間 4~5時間 約1時間
手術侵襲
(体への負担)
大きい 大きい 小さい
傷あと 胸と移植する組織の部分(おなか)両方に傷あとが付きます 胸と移植する組織の部分(せなか)両方に傷あとが付きます 乳房切除術の傷あと(胸)のみ
乳房再建の
自然さ
身体になじみやすい 身体になじみやすい 健側に比べると張りがあり、やや硬い
経過 自分の組織のため、加齢に伴い多少下垂してゆく筋肉の萎縮により若干小さくなっていく 自分の組織のため、加齢に伴い多少下垂してゆく筋肉の萎縮により若干小さくなっていく 人工乳房の耐久性は約10年~15年と考えられますが、劣化の可能性があるため、将来交換が必要です。破損についてはMRIで検査が可能です
局所再発の
発見
見つけにくいので定期的検査が必要 見つけにくいので定期的検査が必要 見つけやすい
費用 健康保険適用 健康保険適用 保険外自由診療

組織拡張器と人工乳房を用いた乳房再建(インプラント法)

インプラント(改変)胸の筋肉(大胸筋)の下に、組織拡張器という胸の皮膚・筋肉を伸ばす装置をいれる手術を行います。
外来で3~4週間に1回の割合で組織拡張器へ生理食塩水を注入し、2~3か月かけて組織拡張器を膨らませてゆくと少しずつ胸の皮膚も伸びてゆきます。
一杯になったところで6~8か月置きます。こうして十分に皮膚・筋肉が伸びきったところで、シリコン製の人工乳房に入れ替えて乳房を作ります。
この方法ですと、手術時間が短く、手術侵襲が少なく、また身体の他の部位に新たな傷を作ることもありません。

利点・欠点と術後

続きを読む

身体の一部を移植する方法(筋皮弁法)

利点
  1. 自家組織なので違和感がない
  2. 柔らかい
  3. 加齢にともない多少下垂してゆく
欠点
  1. 他の部位から皮膚が胸に移植されるので皮膚の色調が異なる
  2. 他の部位から皮膚が胸に移植されるので感覚が鈍い
  3. 体の他の部位にかなり大きな傷あとができる(背中やおなか)
  4. 多くの場合、追加・修正手術が必要なことがある
    (一回の手術で完全に乳房が出来上がるわけではない。)
  5. 手術時間が長い(約5~8時間)
  6. 入院期間が長い(約3週間~1ヶ月)
  7. 長期経過では筋肉の萎縮により、再建した乳房が小さくなっていく傾向がある。

広背筋皮弁法(背中の皮膚,脂肪,筋肉を用いる方法)

続きを読む

起こりうる合併症

乳房再建に特徴的な合併症を挙げると以下のようなものがあります。

1.皮下血腫・漿液腫(両方)

しばらく手術をした部位に血液やリンパ液が溜まることがあります。自然に吸収されることが多いのですが、簡単な処置(穿刺)を行ったり小切開を加えて対応する場合もあります。

2.血流不全・脂肪融解 (筋皮弁法)

皮弁の血流が不十分で、脂肪や筋肉などの組織が死んでしまうことがあります。喫煙者や肥満、糖尿病などの合併症をもつ方に多い傾向があります。

3.皮膚の壊死 (筋皮弁法)

続きを読む

乳頭・乳輪の再建

健側の乳頭・乳輪を移植する方法と新しく乳頭・乳輪を作る方法があります。

乳頭

  1. 健康側の乳頭の半分を使う方法
  2. 再建した方の皮膚を持ち上げる方法

乳輪

  1. 足の付け根、色がついた皮膚を用いる方法
  2. タトゥー(刺青)を用いて色をつける方法等があります。