乳房のしくみとがんの発生 

乳房は出産時に乳汁を分泌する大切な役割を持つ付属器官です。その中には乳腺と呼ばれる腺組織と脂肪組織が存在しています。

乳腺組織(乳腺実質)は15〜20の腺葉に分かれ、各腺葉は多数の小葉に枝分かれしています。小葉は乳汁を分泌する小さな腺房が集まってできています。各腺葉からは乳管が1本ずつ出ていて、小葉や腺房と連絡しあいながら、最終的に主乳管となって乳頭(乳首)に達します。

乳がんはこの乳腺を構成している乳管や小葉の内腔(内側)の上皮細胞から発生します。がん細胞が乳管や小葉の中にとどまっているものを非浸潤がん、乳管や小葉を包む基底膜を破って外に出ているものを浸潤がんといい、がんが乳管の開口している乳頭に達して湿疹様病変が発生するパジェット病に大別されます。

同じ乳がんであっても細胞の性格はおとなしいものから活発なものまで、患者さんによって異なります。

関連すると思われる情報