乳がんの転移 

乳がんの転移(図)
多くの場合、がん細胞は原発巣近くのリンパ管を通って乳房周囲のリンパ節へ、また周囲の血管を通って肺、肝臓、骨などの臓器に転移します。
乳がんの転移は大きくリンパ行性転移と血行性転移に分けられます。

リンパ行性転移

がん細胞がリンパ管に入り、リンパ液の流れにのって、わきの下や鎖骨上などの乳房周囲のリンパ節に転移します。

血行性転移

がん細胞が血管に入り、血液の流れにのって、骨・肺・肝・脳など遠隔臓器へ転移します。

関連すると思われる情報