標準治療 基本的な治療方針 

乳がんの治療法には、手術療法、放射線療法、化学療法(抗がん剤)、内分泌療法(ホルモン療法)、分子標的治療などがあります。

当院では国内・海外の臨床試験やたくさんのデータによって築き上げられたエビデンス(科学的根拠)や世界中の専門家が作成したガイドラインに基づいた標準治療が、もっとも確実で信頼できる治療と考えております。

手術の方法や手術後の治療は、腫瘍(しこり)の大きさや部位、性質、進行度によって異なります。

がんの範囲が小さな乳がんに対しては、必要以上に正常乳腺を切除する治療的な意義はなく、乳房を温存する手術が標準的な治療法として実施されています。

一方、がんの範囲が広い方には、乳房を全摘する手術が必要になります。手術前に薬による治療を行い範囲が縮小した場合には、乳房温存手術を行う術前薬物療法という選択肢もあります。

また乳房再建手術が一部保険適応として認められるようになり、希望される方には実施しています。

術後の再発を防ぐためには、画像に写らないような微小転移が存在する可能性がどの程度なのか、またそれに対する治療法は何が最も適しているかを判断し、乳がんの進行度や性質に応じた薬物療法と放射線治療を選択していくことが大切です。

当院では、術前・術後の治療を決定する際に、専門知識を持ったスタッフが集まるカンファレンスを実施しています。すべての患者さんにおいて最善の手術方法や術後の治療方法は何かについて毎週議論が行われていますが、最終的には患者さんの希望や価値観に基づいて治療方法が決定されます。

乳房とその周辺のリンパ節以外のところに転移がある場合には、まず手術以外の治療法が検討されることになります。そこでさまざまな薬物療法や放射線治療などを組み合わせて治療を行います。

その際は、乳腺科や放射線科、内科、緩和ケア科の医師とスタッフが連携して治療やケアを行っていきます。

関連すると思われる情報