臨床試験とは? 

当院においては臨床試験という形で新しい治療方法や薬の開発に大いに携わっています。その際にはまず、その治療が患者さんのデメリットにならないか が治験審査委員会(IRB)や倫理委員会で審議されます。新薬などの臨床試験ではその有効性が明らかではないため、基本的に患者さんの薬剤費負担はありま せん。

科学的根拠(信頼性)の高い臨床試験は、標準治療と比較して行われます。標準治療より有効性や副作用の面などで優れているのかを検証するのです。新 しい薬や治療方法は臨床試験にて検証され、その有用性が明らかになってはじめて標準治療となり、医療保険の適用を受けて治療することが可能となります。

このような臨床試験の情報と比較すると、新しい治療(切らずに治すが ん治療・免疫療法など)やサプリメントの効果があったとする症例のみを紹介する書籍やインターネットなどの情報は、一緒におこなった治療(標準治療)によ る効果が影響している可能性があったり、また何割の症例に効果があるのか明らかにされていなかったりするため信頼性(科学的根拠)の低い情報ということに なります。

当院の使命は全ての患者さんが常に安心して医療が受けられるために、科学的根拠の高い医療を提供することだと思っております。

乳腺科部長 相良安昭   院長 雷 哲明

関連すると思われる情報