薬物治療とは 

乳がんは薬がよく効くがんとして知られており、現在も数多くの薬が開発されています。乳がんの薬物治療は、治療の目的や乳がんの性質などによって対処法が異なるため、高い専門性が求められます。

乳がんは良性の腫瘍と異なり、手術で局所のがん細胞を完全に取り除いたとしても、画像には確認できない微小転移という小さながん細胞が全身に広がっている可能性があります。
浸潤がんと診断された場合には、微小転移の発育、転移による再発を防ぐために薬物療法が不可欠です。

関連すると思われる情報