薬物療法の種類 

1.化学療法

抗がん剤を用いて、がん細胞を攻撃して死滅させる治療法です。

2.内分泌療法(ホルモン療法)

乳がんの発育を促すホルモン(エストロゲン)反応を抑えて、がん細胞の発育を抑制する治療法です。乳がんの中にはエストロゲンには反応しないタイプのものもあり、そのような患者さんには適応されません。

3.分子標的治療

人体の正常細胞にはほとんど影響を与えず、がん細胞のみを特異的に攻撃する治療法です。

関連すると思われる情報