リンパ浮腫 日常生活の注意点 

けがや感染の予防のためのスキンケア

保湿クリームを塗り、乾燥を防ぐ作業や家事は手袋をする早めに医師に相談する血圧測定、注射などはなるべく手術してない方の腕で行う
  • 乾燥肌はトラブルの原因になりやすいので、保湿クリームを塗り、乾燥を防ぎましょう。
  • 土いじりなどの作業時や刺激の強い洗剤を使用する家事は、手袋をしましょう。
  • 炎症の兆候やいつもと異なる症状の出現時には、早めに医師に相談しましょう。
  • 入浴時には肌の観察をしましょう。
  • カイロやホットカーペットなどによる低温やけどに注意しましょう。
  • 日焼けは皮膚の軽いやけどと考えられます。直射日光を浴びないよう衣類や日傘で防ぎましょう。日焼け止めクリームの使用も効果的です。
  • 上半身の鍼灸は避けましょう。

けがをしたらすぐに手当を行う

  • 虫除けスプレーや衣服で調節し、虫さされを防ぎましょう。
  • 水虫がある時は皮膚科を受診し、直接手で触らないようにしましょう。
  • 傷をつくったら流水で流し消毒した後、炎症を起こさないか経過を見てください。

日常動作・行動の注意点

就寝時は手術した側の腕に枕などを添える体重の増えすぎに気を付ける
  • 腕に重だるさ等の症状がある時は、就寝時に手術した側の腕に枕などを添えて、無理のない程度に高くしましょう。
  • 食事の制限はありませんが、塩分やアルコールの取りすぎ、体重の増えすぎには気を付けましょう。
  • 重いものは数回に分けて運ぶようにしましょう。ショッピングカートやキャスター付きのバッグを使用するといいでしょう。
  • 長時間の温泉浴、サウナ浴は避ける

  • むくみの症状が気になる時は、長時間の温泉浴、サウナ浴は避けましょう。
  • スポーツや編み物、パソコンなどの繰り返しの動作で、腕に負担がかかることが考えられます。中休憩をいれるなど工夫しましょう。
重いものは分ける、ショッピングカートやキャスター付きバッグを利用する急激に腕を伸ばすような動きは避ける、スポーツ等は中休憩を入れる

関連すると思われる情報