遺伝性乳がん卵巣がん 

日本人の主要死因の第一位である“がん”は、今や珍しい病気ではありません。

近年、ヒト遺伝子医学の急速な発展とともに、がんをはじめとするさまざまな病気と遺伝子の関わりも鋭角になってきました。最近ではがん組織・がん細胞そのものは遺伝しないが、がんになりやすい体質(遺伝的要因)が遺伝するケースがあることも判明しています。

乳がん・卵巣がんにも、患者さんの5〜10%程度に遺伝の影響を強く受けて発症したと考えられる場合があり、これを「遺伝性乳がん卵巣がん」と呼んでいます。

遺伝性乳がん卵巣がんの可能性について

母方、父方それぞれの家系について、あなた自身を含めたご家族の中で下記のいずれかに当てはまる方がいらっしゃれば、遺伝性乳がん卵巣がんの可能性が一般よりも高いと考えられます。

  • 40歳未満で乳がんと診断された方
  • ご家族の中でお一人の方が時期を問わず原発乳がんを2個以上発症したことがある方
  • 男性の方で乳がんを発症された方
  • ご家族の中でご本人を含め乳がんを発症された方が3名以上いる方
  • トリプルネガティブタイプの乳がんと言われた方
  • ご家族の中にBRCAの遺伝子変異が確認された方がいる方

※ ご家族=自分の第3度近親(曾祖父母、曾孫、大おじ、大おば、いとこ)以内の近しい血縁者のこと

遺伝相談外来のご案内

関連すると思われる情報