亜急性甲状腺炎 

甲状腺にウイルス感染が原因と考えられる炎症が起きた病態で、発熱と甲状腺の腫れ・痛みがみられます。名前は似ていますが慢性甲状腺炎(橋本病)とは全く別の病気です。炎症の広がりとともに甲状腺の腫れ・痛みも移動します。

検査

CRPや赤沈などの炎症反応が陽性で、蓄えられていた甲状腺ホルモンが溢れてきますのでFT3, FT4が高値になり、TSHは抑制されます。

治療

炎症を抑える薬を飲みます。無痛性甲状腺炎とちがって再発することは稀です。

関連すると思われる情報