甲状腺の病気と妊娠 

甲状腺の病気は妊娠可能な女性に多く、病気のこと、治療内容、妊娠、授乳についてよく相談を受けますが、甲状腺の病気があっても治療で甲状腺ホルモン値が正常に保たれていれば問題はありません。

バセドウ病では放射線(アイソトープ)治療は妊娠・授乳中にはできませんが、内服薬や手術で治療できます。病気が妊娠前にわかっていれば治療で甲状腺ホル モン値が正常になってから(内服治療の場合は抗甲状腺剤が維持量になってから)妊娠した方が安全です。 機能亢進状態では流産・早産の危険が正常の場合より高くなります。抗甲状腺剤は妊娠中や授乳中であっても使用できますが、専門医にご相談ください。手術や 放射線治療後の患者さんで甲状腺を刺激する自己抗体値が高い場合、お母さんに症状はなくてもお腹の赤ちゃんに甲状腺機能亢進を起こすことがありますので注意が必要です。このような場合でも内服薬で治療できます。

橋本病では甲状腺機能が正常であれば治療は不要です。 甲状腺機能低下症になっても甲状腺ホルモン剤(チラージンS)でホルモン値を正常に保っていれば正常に妊娠・授乳できます。

甲状腺に異常がないお母さんでも妊娠中は不安やストレスが多くなります。ストレスがお母さんやお腹の赤ちゃんに良くないことは明らかです。せっかく授かった命です。きちんと治療を受けてさえいれば問題はないので、わからない点は何でもよく相談し、余計なストレスをためないようにしてください。

関連すると思われる情報