月経困難症

がまんできないほど強い月経痛が月経困難症です。月経困難症の痛みは月経開始後数日続きますが、その後は自然に軽快します。しかし、また次の月経時には繰り返し同じような症状がみられます。むかつき、腰痛、頭痛などの症状を伴うこともあります。

子宮内膜症・子宮筋腫・子宮線筋症などの病気が原因となって起こっている場合と生活習慣やストレスなどが原因で起こる場合があります。
日常生活に支障があれば、OC(ピル)などホルモン剤の使用で症状の緩和が図れます。

月経前症候群(PMS)

月経開始の3日~10日くらい前から月経までの間にあらわれるこころやからだの不調を月経前症候群といいます。気分がしずむ、やる気がでない、イライラする、などもよくみられる症状です。

治療

カウンセリング、OC(ピル)や漢方薬などがあります。

子宮内膜症

子宮内腔の表面をおおっている膜が子宮内膜です。子宮内膜が卵巣、卵管、腸管の表面などの本来は存在しない場所に侵入し増殖するのが子宮内膜症です。子宮内膜は卵巣ホルモンの周期的な変動を反映して変化し、月経時にはホルモンが減少するのを受けて子宮内膜が剥がれ落ちて月経が起きます。本来存在しない部位に発生した子宮内膜も同様にホルモンの影響を受け、その部位で出血します。出血が組織の中や閉ざされた部位に発生するため下腹部痛などの症状を起こすと同時に周囲の臓器や組織との癒着が起こりそれに卵管や卵巣が巻き込まれると不妊の原因になることもあります。

症状

進行するにつれ月経痛の程度が強くなり、周囲の臓器や組織と癒着すると月経時以外にも下腹部痛を起こし、腰痛、性交痛、排便痛などを伴います。
続きを読む

子宮筋腫

良性の腫瘍です。筋腫ができる場所によって症状も異なります。

漿膜下筋腫(しょうまくかきんしゅ)

子宮の外側に突き出すようにできるもの。子宮内腔は影響を受けないため月経過多などの症状は少なく、大きくなれば周囲の臓器を圧迫して頻尿・便秘や腰痛の原因になることもあります。
続きを読む

子宮線筋症

子宮内膜症が子宮の筋層(筋肉内)に侵入発生するもの。主な症状は月経痛、過多月経になることもあります。
子宮筋腫と似たような症状が現れます。女性ホルモンが関連するので治療法も子宮筋腫と同じような対応になります。

子宮頸がんワクチン効能と接種

ヒトパピローマウィルス 日本人子宮頸がん患者の発がん性HPV感染率(グラフ)
図提供:グラクソ ・スミスクライン株式会社

発がん性HPVの中でも、HPV16型、18型の2種類は、その他の発がん性HPVに比べて特に子宮頸がんになりやすく、20~30代の患者さんから高い頻度で見つかっています。
子宮頸がんワクチンを接種すると、このHPV16型、18型の感染を防ぐことができます。
このワクチンは、海外ではすでに100カ国以上で接種されており、HPVが性行為で感染することから、性交開始前の早期の接種が推奨されています。
続きを読む

卵巣腫瘍・卵巣がん

卵巣は毎月排卵を繰り返し、女性ホルモンを分泌します。
正常な卵巣の大きさは親指の腹よりも大きいぐらいですが、腫瘍が大きくなりこぶし大くらいになるとお腹が張ったり、下腹部に塊を感じることがあります。

治療

良性腫瘍で特に症状がなく大きさが6㎝未満であれば、定期的に診察を受けながら様子をみます。手術方法には開腹術と内視鏡下手術があり、大きさ、性質、年齢、妊娠希望の有無に応じて腫瘍部分だけか、卵巣全体を摘出するか選択します。
卵巣がんの場合には手術によって病巣部を摘出します。
続きを読む

低用量ピル(OC・Oral Contraceptives)

低用量ピル(OC)低用量ピル(OC・Oral Contraceptivesの略)は女性のライフスタイルをサポートする薬で、世界各国の女性たちが長年に渡って服用しています。
日本では1999年か ら認可されていますが、欧米に比べると普及率は約1%であると報告されています。その理由としては、過去に使われていた中用量・高用量ピルのネガティブイメージが定着していること、有用な副効用が知られていないことが挙げられます。

しかし最近は日本でも避妊薬としての役割以上に、女性の健康と美容にさまざまな効果を発揮することが注目されています。

続きを読む