相良病院では乳がん治療のエキスパートを養成すべく、専攻医プログラム修了後、乳腺の認定医・専門医、緩和の専門医を目指すレジデントを募集しております。

在籍医師インタビュー「相良病院でできること」

相良病院で学ぶ3つのメリット

相良病院には、乳腺専門医の資格取得のみにとどまらず、乳腺疾患を担う医師としてより幅広い経験とより高度なスキルを得ることができる3つのポイントがあります。

第1に、乳腺診療のすべてを担っていること。

一般的に病院の機能分化が要求されている昨今、国内で相良病院に相当する診療実績のある施設では、診断・治療に特化することが求められます。そんな中、当院は診断・治療だけではなく、検診や良性乳腺疾患の診療から転移性乳がんの終末期の緩和ケアまで、一つの施設で一貫して対応しているのが特徴です。乳腺診療のすべてを経験しながら研修を積む機会を得られる施設は、国内でも決して多くはないでしょう。

第2に、診療圏が離島も含めて広大であること。

鹿児島県は、本土が薩摩・大隅の2つの半島から成り、薩南諸島を擁するため、南北600kmにおよびます。鹿児島市内には県人口の約1/3が集中していますが、他の2/3は広大な鹿児島市外に生活しており、その多くの地区では交通手段が制限されます。この広大な診療圏の方々について、どうすれば専門性の高い乳腺診療を効率よく、負担少なく行うことができるのか、相良病院はがん診療連携拠点病院として常にその課題に向き合っています。近年、日本は人口減少・過疎地域の増大という問題を抱え、都市部以外の地域では医療の均てん化がますます困難になってきています。こうした問題に取り組むにあたり、当院で得られる経験はきっと役立つでしょう。


第3に、自由に討議できる雰囲気があること。

出身大学や在籍医局は、当院で研修するにあたり、なんら影響しません。カンファレンスにおいて、立場に関係なく、各医師やメディカルスタッフ誰もが発言しやすい雰囲気が醸成されています。院内において、多職種のスタッフによる公平な立場での多様な意見が、最も適切な診療方針を患者さんに示す鍵になると認識されています。これが相良病院の強みです。

乳がんエキスパート養成プログラム

目 標

このプログラムは乳腺外科を志す若い先生を対象とし、日本乳癌学会 認定医・専門医の取得を基本的な目標としています。参加される先生の希望や研修期間に応じ、必要な症例経験を積んで頂き、研究・発表活動を指導致します。
そのうえで、各種キャンサーボードを通じた全人的な医療へ参加するとともに、標準治療を作り上げていくための治験や臨床試験も担当し、乳がん診療のエキスパートとして社会に貢献することが最終的な目標です。
相良病院には、その目標達成を助ける多くのリソースがあります。

カリキュラム

乳腺診療のエキスパートに確実になれるよう、ステップアップ形式のカリキュラムを用意しております。
期間は3-4年を基本としますが、プログラムに参加される先生の状況(例:乳腺専門医申請資格である診療研修期間が規定の5年に達していないなど)に合わせて、期間の短縮や延長のご希望に応じます。また、お子さんがいる女性医師が働きやすいように、勤務日や勤務時間、内容に配慮します。
基本領域の認定医・専門医を取得されていない先生には、鹿児島大学や九州大学、鹿児島市内の病院と連携し、申請資格を取得できるよう計らいます。
なお、カリキュラムを修了後、プログラムの目標を達成され、その後も相良病院の一員として私たちと一緒に頑張って頂ける先生については、スタッフとして採用いたします。

1年目

病棟担当医として従事し、以下を習得
  • 乳腺手術の基本手技
  • 周術期管理
  • 化学療法の副作用マネジメント
  • 緩和ケア手技
  • マンモグラフィ検診精度管理中央委員会 読影認定医を取得
  • 緩和ケア研修会 修了
  • 学会報告や文献執筆
  • 症例報告・少数症例での検討報告など

2年目

外来・病棟業務に従事し、以下を習得
  • 乳腺診療の全般について実務を通じ習熟
  • 甲状腺手術について担当
  • 学会報告や文献執筆
  • 多数症例での検討報告など
  • 治験・臨床試験担当医を経験

3年目以降

2年目のカリキュラムに加え、専門性をより深めること(乳腺疾患診断、OPBS含めた手術手技、各種薬物療法、QOL、遺伝性乳癌など)に取り組み、申請資格を得られ次第、以下の資格取得を試みる
  • 日本乳癌学会 認定医・専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

相良病院 概要

資格・施設認定・施設基準

在籍医師一覧

実績

乳腺診療実績
甲状腺診療実績
婦人科診療実績

ご応募・お問い合わせ

ご応募・お問い合わせ


【応募書類】 履歴書・職務経歴書、医師免許証の写し・保険医登録票の写しを送付ください。
【送付先】 〒892-0845
鹿児島市樋之口町3-28 かじやまちの杜ビル3F  
社会医療法人博愛会 事業本部

お問い合わせ先

社会医療法人博愛会 事業本部

099-224-1811

099-227-3201

お問い合わせフォーム


相良病院
〒892-0833  鹿児島市松原町3-31
Tel.099-224-1800 Fax.099-224-3921

さがらパース通りクリニック
〒892-0838  鹿児島市新屋敷町26-13
Tel.099-239-5255 Fax.099-239-5266

外来予約センター

Tel.099-224-0489 

[受付時間]月〜金曜日 8:30〜17:00 土曜日 8:30〜12:00